アイスランド最大手新聞の一面にヘンプとCBDが掲載

5月30日、アイスランドで最大の発行部数を持つ新聞「Fréttablaðið」の一面にCBDとヘンプに関する長い記事が掲載されました。

The in-depth article by Gunnþórunn Jónsdóttirによる詳しい記事には、ヘンプの簡単な歴史やヘンプとマリファナの違いについて詳細が書かれており、キャナウェイのJanne Heimonenによる次の発言も引用されました。

「ヘンプは、人間が長年にわたって栽培して、使用してきた最も古い植物です。約90年前に産業用途から姿を消し、他の材料に置き換えられました。ヘンプは、様々な国で土壌の補充と浄化に広く使用されています(中略)この植物は、かつて私たちの食物連鎖の一部でしたが、いまは存在していません。(中略)ヘンプは私たちから奪われてしまったのです・・・」

この記事には、CBDヘンプオイルの様々な特長についても記載されており、アイスランドでのヘンプとCBDに対する見解が転換期にあることを示しています。

記事全文は次のリンクからご覧いただけます: https://www.frettabladid.is/frettir/er-hampplantan-besta-nytjajurt-planetunnar/ (アイスランド語)

0
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です