イギリス議会の混乱が地元のヘンプ産業に脅威を与える

イギリス内務省は、議会が混乱する中で、CBD用にヘンプを栽培する農家への迫害を続けており、産業用大麻事業全体を脅かしています。

先月、オックスフォードシャーに拠点を構えるヘンプ協同組合のヘンペン氏は、ヘンプの栽培許可証を取得できなかったために200,000ポンド相当の作物を破棄することを余儀なくされました。ヘンペン氏が今季計画していた種子と茎のためにヘンプを栽培することは完全に合法であるにもかかわらず、政府当局は、協同組合の創設者パトリック・ギレット氏に作物全体を破壊するよう命じました。

HempToday siteに対してギレット氏は「内務省の官僚機構は、急成長しているCBD業界を活用する代わりに、イギリスの農民たちに自分たちの作物を破壊するように命じ、そのせいで何百万ポンドものCBDの花が畑で腐敗している」と語っています。

***

このような事例は、ヘンプ産業が正確な法的規制とガイドラインを要求し、それに準拠していくことがいかに重要であるかを明確に示しています。ヘンペン氏の例は、ヘンプ産業を規制する担当機関を財政当局から、農業、ヘンプ、または食品部門へ移すことの重要性も強調しています。

「政府は、農家を規制する責任をDEFRA(英国環境・食料・農村地域省)へ移し、内務省の外に出すべきだ」とギレット氏は指摘しています。

***

Hemptodayの記事全体はこちらからご覧いただけます。

0
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です