ブルガリアがEU加盟国として初めてCBDの販売を認可

ヘンプ由来のカンナビジオール、またはCBDの需要は、その利点について報告している研究や報道などの大規模な猛襲により、近年指数関数的に増加しています。しかし、その有効性にもかかわらず、CBDは依然として法的にグレーな立ち位置にあります。

CBDの法的地位は、世界多くの地域でいまだ未解決ですが、そんな中、ブルガリアが欧州連合(EU)加盟国として初めて、CBDの自由市場での販売を認可しました。

独自に入手した公式文書によると、ブルガリアの農林水産省と食品安全庁は、CBDが含まれた一連の製品の無料販売許可証を発行する形で認可しました。

これは、キャナウェイ製品が「ブルガリア共和国食品法および欧州議会および食品衛生委員会規則(EC)No 852/2004の関連要件に完全に準拠する」ことを証明していることを意味します。

キャナウェイが今年初めにブルガリア政府関係者および規制当局と開いた会議が、この成功へと導いたのです。

詳しく読む:

https://www.forbes.com/sites/javierhasse/2019/05/23/this-eu-country-has-apparently-become-the-first-to-allow-free-sale-of-cbd
0
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です