中国でカナビスの使用に関する最も古い証拠が発見される

Science Advancesが報告しているように、カナビスの使用に関する人類史上最も古いカナビスの使用に関する証拠が、最近中国西部のパミール山脈で発見されました。

この研究は、ヘンプ植物の精神活性のある種が少なくとも2,500年前に喫煙されており、儀式または宗教活動にも関連していた可能性があることを示唆しています。

アジアにおけるヘンプ(主に繊維)の使用に関する最初の文献は紀元前8000〜5000年で、ヘンプの医学的使用に関する最初の報告は紀元前2737年(中国皇帝神農の薬局方)にさかのぼりますが、この最新の発見が、カナビスの精神活作用が儀式的に使用されていることが分かる人類史上最初の兆候かもしれないと注目を浴びています。

ヘンプの歴史における重要な出来事についてはヒストリー をご覧ください。また、Science Advancesによる研究の原文はこちらのリンクをご覧ください。

https://advances.sciencemag.org/content/5/6/eaaw1391
0
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です