FBDによるCBDに関する初めての公聴会

5月31日金曜日、米国食品医薬品局(FDA)は、CBDとカンナビノイドに関する初めての公聴会を開催しました。
Medical Marijuana, Inc.のスチュワート・タイタス博士を含む120名を超える農家、科学者、消費支持者らが10時間連続で証言しました。大多数はCBDに関する明確なルールを要求し、決定するものは何でも迅速に動くようFDAに求めました。
公聴会で最も多く取り上げられた事項の1つは、CBD製品の誤表示の問題が広がっていることで示されているように、専門ではない企業が市場に参入していることです。
公聴会後、FDAは、CBD製品を合法的に販売する方法を調査するため、エイミー・アバネシー副局長率いるワーキンググループを招集しました。アバネシー氏は公聴会で議論された内容について、このように要約しています。
「製品の安全性に関する重要な懸念について対処する必要があります。CBDの安全閾値を定めるためのデータが必要です。CBDを含むカナビスやカナビス由来製品を好意的に受け止めている支持者と、広く販売されている製品が有害である可能性を危惧する市民の両者がいます」
FDAは、この問題に関する書面による声明の発表期限を7月2日に設定しました。その後、アメリカにおけるCBD市場を規制する方法について最終的な意見が発表される予定です。

0
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です