ペットのためのCBDヘンプオイル

Hemp For Humanity > 健康 > ペットのためのCBDヘンプオイル

ペットのためのCBDヘンプオイル

https://hempforhumanity.eu/jp/%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%aecbd%e3%83%98%e3%83%b3%e3%83%97%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab/

ペットに対するヘンプCBDの利点を知る動物愛好家はあまりいないのではないでしょうか。カナビス製品について調べたことがある方は、例えば犬のカンナビノイドシステムがカンナビノイドを非常に受容しやすいことをご存知でしょう。

動物はカンナビノイドにどのように反応するのか?

カンナビノイドは、そのメカニズムから、すべての哺乳類に同様の効果をもたらすとされています。CBDのようなカンナビノイドは、すべての哺乳類に備わっているエンドカンナビノイドシステム(ECS)を介して身体と相互作用します。これが、すべての哺乳類がヘンプカンナビノイドの効果を得られる理由です。

さらに、犬に対するカンナビノイド作用のメカニズムはほぼ同じだが、犬のカンナビノイドシステムは、人間のそれに比べてはるかに敏感であることを示唆する研究結果(初めてCBDを発見したロバート・メコーラム博士率いるチームによる研究を含みます)もあります。これにはいくつかの実際の結果が提示されています。

THCが含まれているCBDは決してペットに与えないでください –  THCは、主要な精神活性カンナビノイドです。テトラヒドロカンナビノールの強力な精神活性効果を考えると、犬に与えることは避けたいものです。

動物は、エンドカンナビノイドシステムの感度が高いので、ペットの場合でもCBDの有益な効果がより長く持続する可能性が高く、体重あたりの推奨用量は人間に推奨される用量よりも少量です。

そもそも、なぜペットにCBDを与えることを考えるべきなのでしょうか?ペットの健康にどのような効果をもたらすのでしょうか?

家畜へのCBDの影響

ペットに対するCBDの潜在的な影響は、人間に対する影響とほぼ同じです。エンドカンナビノイドシステムの受容体(CB1およびCB2タイプ)が体の部分に作用することにより、CBDは抗炎症剤、鎮痛剤、抗精神病薬、鎮静剤または食欲刺激剤として作用します。ペットの体のどの部分がCBDの恩恵を受けるかについては、下の絵をご覧ください。

ただし、動物にカンナビジオールを投与する場合、人間が使用する場合と比較して、動物への効果に関する研究と証拠がはるかに少ないことに留意してください。アメリカでは、ペットへのCBDの推奨の是非は、各獣医に完全に託されているのです。

ヘンプCBDの健康と治療特性への関心が高まっていることから、アメリカ獣医協会(AVMA)は、ヘンプ製品の使用経験について犬や猫の飼い主からの事例報告の収集を始めました。それらの報告から多くの飼い主によくある不快な事実を覆う感情論を除外した後、予想どおりの結論に至りました。飼い主からの報告の大半は肯定的でした。収集した報告のうち60~90%は、犬や猫にカンナビジオールを与えることを勧めるものでした。これらの事例報告は、気分変動および食欲低下、神経質または攻撃的な行動、睡眠障害または慢性疼痛の場合のカンナビジオール投与に関するものです。圧倒的な数の肯定的な報告のおかげで、AVMAはCBDを獣医学の薬局方に含める可能性を視野に入れた更なる研究を実施することを推奨しました。

飼い犬にCBDを与えるべきか?

犬や猫へのCBD投与の推奨の是非については、人間の場合と比べて、率直な回答を出すことがさらに困難です。

ヨーロッパで販売されているCBDヘンプオイルは栄養補助食品の合法的な条件を満たしています。これは、その使用が絶対に安全で、精神活性の特性を持たないことを意味します(このようなオイルは、THC含有量が0.2%未満の繊維グレードのカナビス植物から生産されています)。しかし、医薬品としてみなすことは絶対にできません。これはペットへの使用の際にも当てはまります。

アメリカ市場では、犬用のCBDビスケットからレバー風味のタブレット、猫用の製品まで、動物用のCBDヘンプ製品が揃っています。これらのほとんどは、完全な自然製品です。

CBDを死亡に投与すると、CBDの生物学的利用能が大幅に向上します。そのため、油性カプセルや脂肪の多い食品に加えたCBDヘンプオイルは、乾燥飼料よりも効果的と言えます。

これらの証拠は、ペットの飼い主による事例報告によって確証されているように思えますが、獣医師によるCBDの公式な承認には程遠い状況です。ヨーロッパでは、動物のCBD製品市場はまだ発展途上にあり、実際には、飼い主が人間用のCBD製品を自己責任でペットに与えなければなりません。

CBDヘンプオイルが深刻な副作用を引き起こすことはないと覚えておいてください(軽度な副作用としては、適切な量を大幅に超えて投与した場合に生じた緊張や嘔吐がありました)。また、精神活性作用は全くありません。

いずれにせよ、CBDヘンプオイルを犬または猫に与える場合は、まずかかりつけの獣医にご相談ください。

Posted By

Hemp For Humanity