ブログ
All
すべて
ビジネス
健康
持続可能性
法的

ビジネス

ビジネス
カナビス市場の動向を提供する世界的な調査会社Prohibition Partnersによるヨーロッパ カナビスレポートによると、ヨーロッパは推定1,230億ユーロもの世界最大のカナビス市場になる可能性があるそうです。。

健康上の利点

健康上の利点
エンド・カンナビノイド・システム(ECS)は、気分、睡眠、食欲、消化、代謝、ホルモンバランスなどの機能を含む「ホメオスタシス」を整えます。これは1980年代半ばに、ECSの機能を「体本来の能力と適切な環境での機能を維持する」デイビッド・アレン博士により発見されました。

サステナビリティ

サステナビリティ
ヘンプは、かつてアメリカの大地を多く占める作物でした。丈夫で再生可能な資源(中国新石器時代に遡る最も初期から栽培されている植物の1つ)で、紙,縄類、索具などを含む様々な産業用備品が製造されていました。

ヒストリー

ヒストリー
日本と中国でのヘンプの使用について書かれた最初の文書 紀元前8000年から5000年

イギリス議会の混乱が地元のヘンプ産業に脅威を与える

イギリス議会の混乱が地元のヘンプ産業に脅威を与える
イギリス内務省は、議会が混乱する中で、CBD用にヘンプを栽培する農家への迫害を続けており、産業用大麻事業全体を脅かしています。

Get The Facts:スチュアート博士のウェブセミナーの要約

Get The Facts:スチュアート博士のウェブセミナーの要約
Medical Marijuana社のCEOであるスチュアート・タイタス博士が、キャナウェイUSの水曜日に開催されるウェブセミナーシリーズで、ウェブセミナーを開催しました。このウェブセミナーは録画されているので当日参加できなかった方もご覧いただけます。

ブルガリアがEU加盟国として初めてCBDの販売を認可

ブルガリアがEU加盟国として初めてCBDの販売を認可
ヘンプ由来のカンナビジオール、またはCBDの需要は、その利点について報告している研究や報道などの大規模な猛襲により、近年指数関数的に増加しています。しかし、その有効性にもかかわらず、CBDは依然として法的にグレーな立ち位置にあります。

アイスランド最大手新聞の一面にヘンプとCBDが掲載

アイスランド最大手新聞の一面にヘンプとCBDが掲載
5月30日、アイスランドで最大の発行部数を持つ新聞「Fréttablaðið」の一面にCBDとヘンプに関する長い記事が掲載されました。

FBDによるCBDに関する初めての公聴会

FBDによるCBDに関する初めての公聴会
5月31日金曜日、米国食品医薬品局(FDA)は、CBDとカンナビノイドに関する初めての公聴会を開催しました。 Medical Marijuana, Inc.のスチュワート・タイタス博士を含む120名を超える農家、科学者、消費支持者らが10時間連続で証言しました。大多数はCBDに関する明確なルールを要求し、決定するものは何でも迅速に動くようFDAに求めました。

ヘンプ・ヒストリー・ウィークが開催

ヘンプ・ヒストリー・ウィークが開催
ヘンプ業界は、6月3日から9日までの間、今年で10回目となる「ヘンプ・ヒストリー・ウィーク」を祝っています。ヘンプ・ヒストリー・ウィークは、アメリカ最大のヘンプに関する啓もう活動です。このキャンペーンの目的は、環境の持続可能性、健康上の利点、再生可能な農業の可能性、産業用大麻の新しい技術的応用について、世間の認識を高めることです。

中国でカナビスの使用に関する最も古い証拠が発見される

中国でカナビスの使用に関する最も古い証拠が発見される
Science Advancesが報告しているように、カナビスの使用に関する人類史上最も古いカナビスの使用に関する証拠が、最近中国西部のパミール山脈で発見されました。

未来のためのヘンプ:あなたと環境に優しいヘンプ製衣服

未来のためのヘンプ:あなたと環境に優しいヘンプ製衣服
何世紀もの間、ヘンプは繊維の原料として役立ってきました。20世紀初頭まで、繊維状の作物としてカナビスサティバは非常に普及しており、今でも「繊維状ヘンプ」、「産業用大麻」、「ヘンプ」という言葉は同じ意味で使用されています。

産業用ヘンプに関するケルン宣言

産業用ヘンプに関するケルン宣言
6月5~9日にかけて、ヨーロッパ産業用ヘンプ協会(EIHA)は、ドイツのケルンで史上最大の産業用ヘンプに関する世界会議を開催しました。

トロリーケース、ヴィーガンチョリソー、それとも彫刻?Hemp Products Of The Yearをご紹介します

トロリーケース、ヴィーガンチョリソー、それとも彫刻?Hemp Products Of The Yearをご紹介します
今年6月、ケルンで開催されたEIHAのカンファレンスでは、2019年のHemp Product of the Year(ヘンプ製品オブ・ザ・イヤー)が授与されました。6製品がノミネートされ、次の3製品が専門家らによってえらばれました。

CBD製品に関するイギリスの最近の研究で、THCレベルの超過やその他の問題が判明

CBD製品に関するイギリスの最近の研究で、THCレベルの超過やその他の問題が判明
英国のメディカルカナビスセンター(CMC)が委託し、PhytoVista が実施した最近の調査によると、現在イギリスで販売されているCBD製品30品のほぼ半数でTHCレベルが超過していることが判明しました。精神活性THCの許容レベルは0.2%ですが、多くの場合その2倍近いレベルが含有されていたのです。

EIHAによる行動喚起

EIHAによる行動喚起
7月15日、ヨーロッパ産業ヘンプ協会(EIHA) は、CBDとヘンプ葉および花のエキスはEUの「ノベルフード」制度に該当されるべきではないとして、その地位を守るべく会員に対して行動喚起しました。

イギリス議会の混乱が地元のヘンプ産業に脅威を与える

イギリス議会の混乱が地元のヘンプ産業に脅威を与える
イギリス内務省は、議会が混乱する中で、CBD用にヘンプを栽培する農家への迫害を続けており、産業用大麻事業全体を脅かしています。

ペットのためのCBDヘンプオイル

ペットのためのCBDヘンプオイル
ペットに対するヘンプCBDの利点を知る動物愛好家はあまりいないのではないでしょうか。カナビス製品について調べたことがある方は、例えば犬のカンナビノイドシステムがカンナビノイドを非常に受容しやすいことをご存知でしょう。

EIHAがヘンプ化粧品に関する明確な規制を要求

EIHAがヘンプ化粧品に関する明確な規制を要求
ヨーロッパ産業用ヘンプ協会(EIHA)は最近、化粧品に関するEUのワーキンググループが今年初めに提案した変更内容について異議を唱えました。EIHAは、8ページにおよぶ意見論文で、ワーキンググループによる化粧品原料データベース(Cosing)の更新に関する現在の提案が国連の麻薬に関する単一条約の規約との整合性を欠いていると指摘しています.

新たに2種類のカンナビノイド発見

新たに2種類のカンナビノイド発見
ネイチャー誌前号掲載の論文で、イタリアの科学者グループが、これまで知られていなかった2種類のカンナビノイド:THCP 及びCBDPの分離に成功したと発表した。

CBDの合法性とキャナウエイオーストリア

CBDの合法性とキャナウエイオーストリア
この記事をご覧になっているということは、CBDおよびヘンプを使用した製品や、これらの製品をオーストリアで提供している会社について、何らかの情報をお探しなのでしょう。CBDや欧州、特にオーストリアについて、幾つか質問が寄せられています。この記事ではそうした質問を取り上げます。トピックは以下のとおりです。