健康上の利点

Hemp For Humanity > すべて > 健康上の利点

健康上の利点

https://hempforhumanity.eu/jp/health-jp/

人間の体内に 認識されたシステム

 

エンド・カンナビノイド・システム(ECS)は、気分、睡眠、食欲、消化、代謝、ホルモンバランスなどの機能を含む「ホメオスタシス」を整えます。これは1980年代半ばに、ECSの機能を「体本来の能力と適切な環境での機能を維持する」デイビッド・アレン博士により発見されました。

私たちのエンド・カンナ ビノイド・システム

ECSには、脳および中枢神経系(CB1受容体)と内臓、内臓、腸(CB2)の受容体の部位があります。

脳内のCB1神経伝達物質受容体は、他のすべての神経伝達物質を組み合わせたものよりも多くの受容体部位を持っていることは興味深いことです。

従って、現在多くの研究者は、私たち人間(そして馬、犬、猫を含むすべての哺乳類)が植物ベースのカンナビノイドを受け入れられるように設計されており、この大きく広い範囲に及ぶ自己調節システムの機能を補うことができると結論付けています。

エンド・カンナビノイド・システムは、重要な発見にもかかわらずほとんど認識されていません。

抗酸化剤としての カンナビノイド

抗炎症効果によるメタボリックシンドロームへの潜在的な効果

  • 循環器疾患
  • 糖尿病
  • 関節リウマチ

神経保護剤としての カンナビノイド

神経系疾患への潜在的な効果

  • パーキンソン病
  • アルツハイマー病
  • アルツハイマー病

カンナビジオール(CBD)について

カンナビジオールは、1963年にメシュラム教授 によって発見されたカンナビノイドです

カンナビノイドは、すべての哺乳動物種に共通のエンド・カンナビノイド・システム(ECS)という体内の健康システムを活性化する治療特性を持つ化学成分です。 es.

ECSは、体内の細胞受容体(カンナビノイド受容体と呼ばれる)と分子を収集します。 それらは体内で生成されて脳や臓器、結合組織、腺、免疫細胞で見つかり、そこで私たちの免疫系、神経系、および実質的にすべての身体の臓器をつなぎ、身体と心の架け橋として機能しています。

ペット用

  CB1 & CB2

  • 脳幹
  • 骨髄
  • 胆嚢
  • 膵臓
  • 肝臓

      CB1

  • 血管系
  • 生殖器官
  • 筋肉
  • 消化器官

    CB2

  • 脳の一部
  • 皮膚
  • 脾臓
Posted By

Hemp For Humanity